~・~・~ 相談窓口の業務委託 ~・~・~

■相談窓口の業務委託

  • メンタルヘルス・ハラスメント防止相談窓口業務
  • 内部通報窓口業務

◆メンタルヘルス・ハラスメント防止相談窓口業務

日々うつ病発症のニュースは繰り返され、ハラスメント被害経験者は3人に1人という時代です。事前に準備をしておくことで、企業の経営・運営リスクの軽減につながります。そこでおすすめなのが、相談窓口の設置です。社内窓口はもちろんですが、プライバシーが守られる社外相談窓口の設置は有効といえます。株式会社シェルメールでは「メンタルヘルス」と「ハラスメント」に特化した高水準の相談窓口の業務委託をおこなっております。従業員のために、経営リスクの軽減のために、ご活用ください。

特にシェルメールでは、オンラインでの相談窓口に力を入れております。


◆内部通報窓口業務

従業員300名を超える企業様に、内部通報窓口の設置が義務付けされています。(300名以下の企業様には、努力義務)

パワハラ・セクハラなどのハラスメント問題や、コンプライアンス違反などの通報窓口を外部に設置することで、通報者のプライバシーを確保しながら、会社内部での問題を早期発見・早期解決に繋がります。相談・通報が全くない企業より、相談しやすい環境のある企業の方が信頼できる企業とみなされます。

 


<<シェルメールに相談窓口を業務委託するメリット>>

(1)導入のメリット

  ・いつでも複数の専門カウンセラーが在籍しますので社内・学内でトレーニングした担当者

   が退職した場合でも継続できます。

  ・外部の相談窓口があることで従業員からの信頼が高まります。

 

(2)コストの削減 

  • ・無駄なサービスを省いて、お得な価格設定です。
  • ・トレーニングした担当者の退職などで研修費が無駄になることがありません。

<< 専任のカウンセラーが対応します >>

<シェルメール>相談窓口の業務委託には、メンタルヘルスやハラスメント問題について専門知識をもったカウンセラーが多数在籍しています。連絡するたびにデリケートなテーマを一から話すのは大変なことです。相談する人の気持ちを考えて、シェルメールでは御社の専門カウンセラーが対応することにしています。契約規模により適切な人数の専任カウンセラーを配置します。

詳細はご相談ください。



<< お申込みお手続について >>

相談窓口業務につきまして、ご理解頂けましたでしょうか?

是非、相談窓口を業務委託して導入することをお勧め致します。

業務委託の詳細についてはお気軽にお問合せください。


◆◆オンライン研修対応いたします。詳しくはお問い合わせ下さい◆◆